Q お盆はいつするのですか? 7月と8月があるのですが?

Q お盆はいつするのですか? 7月と8月があるのですが?

A 昔は、目連の話にちなんで7月15日にお盆供養をしていました。明治時代に入って新しい暦が使われるようになってからは「月おくれ盆」と言って、8月13日から16日までの間に、ご供養をすることが多くなりました。これは、7月が農家の一番忙しい時期に重なってしまうので、ひと月遅らせてお盆供養を行う風習ができました。どちらかと言うと、関東地方などでは7月13日からのお盆が多く、田舎へ行くと8月13日からのお盆が多いです。

Q お盆の意味は?

Q お盆の意味は?

A お盆は、ご先祖様の御霊をあの世からお迎えしてご供養する昔からの習わしのことです。正しくは「盂蘭盆(うらぼん)」と言って、逆さ吊りを意味するインドの言葉“ウランバナ”を漢字に音写したものです。昔、お釈迦様の弟子の中で一番神通力を持つ「目連(もくれん)」という方がいました。ある時、目連が神通力で亡くなった自分のお母さんが地獄で逆さ吊りにされ苦しむ姿を見て、どうしたらお母さんを救えるか、お釈迦様に相談をしたら、お釈迦様は「夏の修行が終わる7月15日に、お坊さん達に供物を施しなさい」と言いました。目連はこの教えに従って、お坊さんに食べ物を施したおかげで、目連のお母さんは救われたという説から、お盆が始まったとされます。

閻魔さまにライトを付けました

今日、閻魔さまにライトを付けました。以前の閻魔さまは、暗くて夜見るとお顔がほとんど見えませんでした。この13日の夜は、こちらの地区ではお墓参りです。夕方から夜にかけて自分のお墓をお参りした後、本堂の阿弥陀さまをお参りをし、そして閻魔さまをお参りをする方が多いです。今度はライトアップしたので、閻魔さまのお顔がよく見えます。弘長寺の閻魔さまは、お参りをした後にお顔を見て、怒った顔つきに見えれば心にやましいものがあり、笑顔の顔つきに見えれば心が澄んでいると言われています。弘長寺の閻魔さまは、人の心をお見通しです。弘長寺に来られる方は、きっと笑顔に見えるでしょう。・・・By おっさま
P1010230
ライトアップした閻魔さまです。

六地蔵さまに赤い前掛けを掛けました

今日、檀家さんが六地蔵さまに赤い前掛けを掛けてくれました。この度、六地蔵さまからお寺を守って頂けるように、正門の前に安置致しました。お地蔵様を移転して初めて前掛けを掛けてくれた、お檀家さんへ感謝です。檀家のみなさんや弘長寺へ来寺して頂いた方は、六地蔵さまへお手を合わせ下さい。・・・By おっさまIMG_3265
赤い前掛けをかけた、六地蔵さまです。

永代供養墓に納骨しました

今日、前住職奥さんの納骨供養を行いました。前住職の奥さんは、長女、次女と二人の娘しかいなく、どちらも嫁がれお墓を継承するのが難しいという、ご遺族の希望で永代供養墓の特別個人墓へ納骨をしました。永代供養墓への第1号となりました。弘長寺永代供養墓の最初の納骨が前住職の奥さんであり、よかったと思います。弘長寺ではこれから、毎月の月命日、春秋彼岸、お盆などに供養を行っていきます。お墓は、本堂向かって左側にあり個人墓であります。お墓には故人の戒名や俗名を彫ってありますので、すぐわかると思います。檀家のみなさんやお知り合いの方は、弘長寺へ来た時はお参りをして下さい。・・・By おっさま
P1010229
前住職の奥さんのお骨は、ご遺族の希望で右側最前列中央に安置をいたしました。(花を供えているところです)

Q 8月1日を“ぼんぼちついたち”と言いますが、どういう意味ですか?

Q 8月1日を“ぼんぼちついたち”と言いますが、どういう意味ですか?(南魚沼地域での風習)

A 南魚沼地域では、8月1日に“ぼんぼちついたち”と言ってお寺にお米や野菜などを持って行く風習があります。この“ぼんぼち”とは「盆扶持(ぼんぶち)」が訛り、毎年8月1日に行われるので“ぼんぼちついたち”とい言うようになりました。この「扶持(ふち)」とは、“助ける、扶助する”という意味があります。8月はお盆などがあり、お寺は忙しくなるので、その前にお寺を助けるために8月1日にお米や野菜などを持って行ったものなのです。現在は、お米や野菜などから金品に代わってきています。それをお寺に持って行き、お寺はわざわざ遠いところを持って来てくれた感謝から、食事などの接待をします。この風習は、曹洞宗寺院や在方のお寺では現在も行われている風習です。ですが六日町の中心部に位置している弘長寺ではだんだん薄れてきました。・・・By おっさま

Q 金封袋の裏の折り返しは?

Q 金封袋の裏の折り返しは?

A 金封袋の裏の折り返しは
1.赤い水引 ・・・下方の折側が上になります
2.黒い水引 ・・・上方の折側が上になります
3.黄色い水引・・・上方の折側が上になります

おぼえ方
・うれしい事(赤い水引)は、“上をむいて”(折が上をむく)、悲しい事(黒・黄色い水引)は“下をむいて”(折が下をむく)

P1010219

赤い水引 ・・・下方の折側が上になる(上をむいている)
黒い水引 ・・・上方の折側が上になる(下をむいている)
黄色い水引・・・上方の折側が上になる(下をむいている)

永代供養墓の開眼式

先般、弘長寺の永代供養墓が完成をし、今日開眼式を執り行いました。永代供養墓は檀家さんから、現代の様々な事情により墓の継承が難しいという声があり檀徒が安心できるように建立を目指しました。建立に至っては檀徒へ負担がないようにこちらで工面をし、開眼式は各地区役員へのご案内とさせて頂きました。午前11時より本堂内でお経をあげ、続いて永代供養墓の開眼式を行いました。その中で、この度の永代供養墓を施工されました㈱福宝様へ感謝状の授与を行い、檀徒総代の越前屋さんでお斎を行いました。私は若輩でありますが、前住職からの役員さん方々とお酒を飲みながら親睦を深めることができました。弘長寺を支えて頂ける役員さんたちとじっくりと話す機会もそうそうなく、この時は貴重な時間でありました。永代供養墓は8月より受け入れが可能です。将来に向けてお墓の継承などが難しい方は、弘長寺へご相談ください。・・・By おっさま
ホームページ
・・・式典

ホームページ2
・・・永代供養墓

バーベキューパーティーを行いました

昨日、自宅でバーベキューパーティーを行いました。メンバーは、子供が小学校から野球を行っていた父兄仲間の集まりです。子供たちは、「ROKUSHO」(六日町小学校の野球部で、中学校へいくと他の地区の野球部も加わります)野球部の同級生でメンバーは9人です。その親たちが毎年、新年会や忘年会、バーベキューなどを行っています。子供も二十歳になり、かれこれ10年以上も続いています。小学校と中学校は地区大会で何度となく優勝をして、それを酒のつまみにして集まっていました。高校になってからは子供たちは互いに別々の進路に向かい離れ離れになってしまいましたが、親たちはずっと続いています。私もお寺に入る前からの付き合いで、大切にしている友人の仲間たちです。様々な職業や年齢の違うお父さんやお母さんたちが集まり、自分の知らない世界や価値観がわかる貴重な時間です。お寺の世界に入ると、檀家さんとの付き合いが主になり、ついつい視野が狭くなってしまいがちですが、このような仲間たちやお寺の入る前の職場の仲間たちや東京で働いていた頃の仲間たちがたくさんいて、視野を広めるのに役立っています。これからも仲間たちを大切にしていきたいですね。子供に感謝ですね。・・・By ひろた(一般人として)

Q 金封袋について教えて下さい

Q 金封袋について

A 赤い水引の金封袋は、「お祝」用と「お見舞い」用があります。両方とも水引の色は赤色ですが袋が違います。「お祝い」用は、右上に“熨斗”が付きますが、「お見舞い」用は右上に“熨斗”が付きません。

P1010213

左側が「お祝い」用で、右上に“熨斗”が付きます。
右側は「お見舞い」用で、右上に“熨斗”が付きません。