弘長寺

年忌計算

命日の欄に年・月・日を入力して下さい。※数字は半角入力
この表は亡くなった日を一日目と数え計算を行っています。
地域によっては前日から数えることがありますのでご了承願います。
法要は、命日までに行いましょう。

命日

法要年月日 忌日年 十三仏 行う時期 備考
初七日忌 不動明王 7日目(6日後) 初七日法要
葬儀当日に行う場合が
 多い
二七日忌 釈迦如来 14日目(13日後)  
三七日忌 文珠菩薩 21日目(20日後)  
四七日忌 普賢菩薩 28日目(27日後)  
五七日忌 地蔵菩薩 35日目(34日後) 三十五日忌
六七日忌 弥勒菩薩 42日目(41日後)  
満中陰忌 薬師如来 49日目(48日後) 四十九日忌(忌明け)
百か日忌 観音菩薩 100日目(99日後) 卒哭忌(そつこくき)
壱周忌 勢至菩薩 2年目(1年後) 一周忌(喪明け)
三回忌 阿弥陀如来 3年目(2年後)  

七回忌 阿閃如来 7年目(6年後)  
十三回忌 大日如来 13年目(12年後)  
十七回忌   17年目(16年後)  
二十三回忌   23年目(22年後)  
二十五回忌   25年目(24年後)  
二十七回忌   27年目(26年後)  
三十三回忌 虚空蔵菩薩 33年目(32年後) 「弔いあげ」
三十七回忌   37年目(36年後)  
五十回忌   50年目(49年後) 「弔いあげ」のところもある

1 死亡した時を1日目として数え、初七日は命日から7日目(6日後)である。
2 死亡した年を1年目として数え、三回忌は3年目(2年後)である。
3 壱周忌(一周忌)だけは、翌年(2年目・1年後)に行います。
  (1年周っているから、回忌ではなく周忌なのです)